IMPLANTインプラント

web予約

最先端のインプラントを精密デジタルインプラント

スマイルプラン歯科クリニック西宮

スマイルプラン歯科クリニック
西宮のインプラント

また心から笑いたい、
お食事を楽しみたい方へ

スマイルプラン歯科クリニック西宮のインプラント

これまでの歯科治療において、歯を失ってしまった場合の治療法として一般的だったのが、隣接する歯を削って義歯や差し歯をかける「ブリッジ」や、取りはずし可能な「入れ歯」などでした。

もちろんそれぞれにメリットのある治療法ではありますが、患者様の悩みの原因となるデメリットが多いのも事実です。

スマイルプラン歯科クリニック西宮では、常に最新の歯科治療技術と器具を用いた高度な治療により、長年の研究と高度な技術で開発された人工の歯根(=インプラント体)を顎の骨に直接埋め込むインプラント治療をご提案します。

インプラントのメリット・
おすすめポイント

スマイルプラン歯科クリニック西宮がおすすめするインプラント治療には、他の歯の治療法とは比べられないほど多くのメリットがあります。

ここでは、中でも天然の歯と同様の美しさ、噛み心地をはじめ、いくつかの代表的なメリットをご紹介します。

中でも、不自然なほど真っ白な歯にするということではなく、歯科医師の目から見ても天然歯と全く識別できないほどの「自然美」を回復することこそ、審美歯科治療における究極の美しさといえます。

1)自身の歯と同じように噛み締められる喜び

自分の天然の歯と同じ噛み心地で食べ物を味わえるということは、人生において何物にも代えがたい喜びではないでしょうか。

歯科治療におけるインプラントは、入れ歯やブリッジと異なり、骨にしっかりと固定されているため、肉のような弾力のある噛みごたえのある食べ物でも、しっかりと咬むことが可能です。「噛みしめる」ことで生まれる食事の本来の美味しさや味を楽しむことができるのです。

2)歯を失った部分の骨を丈夫に保てる

歯を失うと、骨は次第に自分の役目が終わったと思いこみ、痩せ衰えていくことをご存知でしょうか。これは噛むことによって歯根を支えていた骨へと送られていた力の伝達が無くなることが要因です。

これは入れ歯でもブリッジにした場合でも同様であり、欠損部分の骨は次第に痩せていくため、隙間に食べ物が詰まったり、舌触りが悪くなったりするなどの症状が出てくる可能性があります。

インプラントであれば、噛む力がしっかりと骨に伝わるため、伝達を受ける骨が丈夫に保たれるのです。

3)人前でも口元を気にせずに思いっきり笑顔に

インプラントでは、元々の天然歯と変わらない審美性を持った歯を入れることができます。

見た目ではどの歯がインプラントなのかほとんど見分けがつかないほどです。ブリッジや義歯(入れ歯)のように、他の歯に架けた金属が見えることもないので、口元を気にすることなく人前で笑えるでしょう。

入れ歯が外れることや金属の詰め物が見えるのが気になるコンプレックスやストレスからも解放され、鏡の前でニッコリ笑ったり、人前でおしゃべりに夢中になったりすることは、心身の健康にも良い影響を与えてくれるものです。

インプラントの構造

歯を失った部分の骨が瘦せ衰えない

インプラントの構造

インプラントの構造は、上部構造・アバットメント・インプラント体(人工歯根)と、大きく3つの部位で構成されます。

まず歯を失った骨にインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯(クラウン)を立ち上げます。歯の欠損による影響は、機能性・審美性、そして精神的にも大きなダメージとなり得ることからも、インプラント治療は、歯の欠損における最も有効で効果的な治療法といえるのです。

インプラント治療の流れ

インプラント治療相談も受付

デジタル機器を活用した精密インプラント

インプラントが不安な患者様や、他の医院で通院中でインプラント診断をされた患者様のご相談も受付中

私たちは歯科医療のプロフェッショナルとして、患者様に正確な情報と、確かな技術を提供する事を心がけています。全ての患者様に治療計画書をお渡しして、丁寧にわかりやすく治療の説明を行い、十分にご納得いただいた上で治療に入っていきます。

専用のカウンセリングルームで、様々な治療方法の違いやメリット、デメリットまでしっかりお話しさせて頂きます。なんでもお気軽にご相談ください。

Web予約はこちら

デジタルインプラント

デジタルインプラント

最新のインプラント治療

スマイルプラン歯科クリニックがお勧めするデジタルインプラント「ガイデットサージェリー」はインプラントを埋め込む位置を事前にコンピューター上でシュミレーションして、予定に位置通りにインプラント埋入を行うための「サージカルガイド」をデジタル技術を使って作成し、手術を行う最新のインプラント治療です。

従来のインプラント治療

これまでのインプラント治療では、手術を行うドクターの経験と勘でインプラントの埋入位置と方向を決めて、サージカルガイドを使用せずフリーハンドで行う術式が主に行われておりました。

人間の行うことですので、もちろん毎回必ず完璧と言える結果が出せるわけではありませんでした。

しかしながら、デジタルインプラント「ガイデットサージェリー」の登場により、事前にコンピューター上でシュミレーションして、予定に位置通りにインプラント埋入を行うことが可能となりました。

デジタルインプラント

従来の被せ物の形や位置は不自然

時には位置が少しずれてしまったり、少し傾斜してしまったりすることもあり、その結果として被せ物の形や位置が不自然になってしまうということが起こっていました。

スマイルプラン歯科クリニック西宮のインプラント

デジタルインプラントのメリット

  • 手術の安全性
  • 正確性の飛躍的な向上
  • 手術時間の短縮
  • 外科的侵襲の軽減
  • 手術当日の仮歯の装着
スマイルプラン歯科クリニック西宮のインプラント

サージカルガイドができるまで

  • 歯のスキャン
    まず治療前の歯の状態を口腔内スキャナーでスキャンします。歯の表面の形を読み取ってデジタルデータ化します。
    歯のスキャン
  • CT撮影
    次にインプラントを埋入することになる骨の状態をCT装置で撮影します。これにより、骨の状態を3Dのデータとして見ることができる様になります
    CT撮影
  • データのマッチング

    得られた歯の表面のデータと、骨の3次元データを特殊な技術でコンピュータ上で重ね合わせます。

    データのマッチング

    データをマッチングすることで

    二つのデータが正確にマッチングされることで、最終的に人工歯を作りたい部位に対してインプラントをどの様に位置付けるのかを、骨の形を確認しながら決定できる様になります。

  • 埋入シミュレーション

    最終の歯の形と骨の状態を見ながら、実際のインプラントオペのシュミレーションをコンピュータ上で行います。使用するインプラントの種類とサイズもここで決定しておきます。

    歯茎の切開

    サージカルガイドのCADデザイン

    シュミレーションが完了したら、そのポジション通りにインプラントを入れるためのサージカルガイドが、CADソフトウェアによってデザインされます。

  • 3Dプリンティング

    サージカルガイドのデザインが完成したらデータを送信して、3Dプリンターまたはミリングマシンにてサージカルガイドを製作します。

    CEREC GUIDEはグループ内歯科技工所のCo.labにてミリングを行います。

    サージカルガイド3Dプリンティング
  • インプラント手術

    完成したサージカルガイドがぴったりと合っているか確認できたら、ガイデットサージェリーによるインプラント手術を行います。

    インプラント手術

サージカルガイドの種類

SIMPLANT Guide

シムプラントガイドは高い精度と強度をあわせ持ち、複数のインプラントを同時に埋入する場合や歯がほとんど残っていないなどの難症例に適したサージカルガイドです。

使用するインプラントはアストラテックインプラントになります。

CEREC Guide

1~3本程度の簡単なインプラント手術の場合は、院内義高所で製作可能なセレックガイドを使用します。

使用するインプラントはアストラテックインプラントになります。

Nobel Guide

ガイデットサージェリーにおいて歴史の長いNobel Biocare社のノーベルガイドは、1本のインプラント埋入から難症例まであらゆるケースに対応しています。

使用するインプラントはノーベルバイオケア社のインプラントになります。

ガイデッドサージェリーのメリット

  • 正確な埋入ポジション

    サージカルガイドを使用したガイデットサージェリーでは、インプラントの埋入ポジションにエラーが起こることはありません。

    正確な埋入ポジション

    経験と勘に頼ると…

    下顎の骨の中には太い神経と血管が通っています。

    術者の経験と勘に頼ったフリーハンドの手術ではインプラントがこの血管や神経に接触してしまう恐れがあります。

  • 安心・安全な手術

    デジタルインプラントでは予め決められた位置に正確にインプラントを埋入することができるので、安全で安心なインプラント治療を提供します。

    安心安全な手術
  • 痛みがほとんどない

    歯茎を切開しないので縫合する必要や糸を抜く必要もなくなります。手術の時間も従来の半分以下になりました。

    痛みがほとんどない

    歯茎を切開しない

    従来のインプラント手術ではまず歯茎を切開して開いて、骨の形状を確認することでインプラントの埋入位置を決定していました。

    デジタルインプラントでは予めCTデータ上で骨の形状を確認し、歯茎を切開せずにインプラント埋入に必要な5mm程度の穴を歯茎に開けるだけで手術が可能なため、術後歯茎が腫れたり、痛みがあったりすることがほとんどありません。

  • 手術後から噛める

    骨とインプラントがしっかりと結合するのを待つ期間(下の歯は3ヶ月、上の歯は6ヶ月)も快適に過ごすことができます。

    インプラントしたその日から噛める・笑える

    手術後から噛める・笑える

    デジタル技術を駆使すればインプラントをしたその日から新しい歯を取り付けることができます。

    長く入れ歯で悩まれてきた方も、当日から固定式の仮歯を装着し、見た目も改善でき、堅いもの以外なら噛めるようになります。

デジタルインプラントの治療費用

エコノミープラン ¥300,000
スタンダードプラン ¥400,000
プレミアムプラン ¥450,000

手術にかかる費用

ソケットリフト(上顎洞底拳上術) ¥50,000
/1カ所
サイナスリフト(上顎洞底拳上術) ¥200,000
/片側
GBR(骨誘導再生療法) ¥80,000
/1カ所
点滴 ¥10,000
静脈鎮静法 ¥100,000

アバットメントにかかる費用

チタンアバットメント ¥50,000
ジルコニアアバットメント ¥70,000

上部構造にかかる費用

ハイブリッドセラミッククラウン ¥50,000
オールセラミッククラウン ¥150,000

オールオンフォー費用

オールオンフォー手術費用 ¥1,600,000
チタンフレーム
+アクリル人工歯
¥700,000
チタンフレーム
+ハイブリッドセラミック前装
¥900,000
チタンフレーム
+メタルボンドクラウン
¥1,200,000
ジルコニアフレーム
+オールセラミッククラウン
¥1,600,000

インプラントをご検討中の方へ

インプラントはいつでもベストな選択肢

歯を失った場合の治療法としては、入れ歯とブリッジとインプラントの3つの方法があります。
それぞれの治療法の違いについては下記表の通りです。

3つの治療法の違いを長い目で判断する際に重要なポイントが2つあります。

1)失った歯の部分の力の負担の支え方

入れ歯やブリッジでは見た目としての歯は回復されるのですが、噛む力を支えるための歯根部分の数は増えていないため、結局は残っている歯が噛む力を支えているため、負担が大きくなりすぎることで長期的には崩壊していきます。

2)治療をするために周囲の歯に与えるダメージ

入れ歯の場合は留め金を掛けるために、多少歯を削る必要があります。
ブリッジの場合は、かぶせ物を入れるためにかなりの量の歯を削ります。

神経が残っている歯ではブリッジをするために神経までとってしまわないといけないこともあります。
これらの周囲の歯へ与えるダメージは2度と取り返すことができないため、計り知れません。

歯を削ることで虫歯になるリスクが高まり、その歯の強度が低下することで歯が折れてしまったりするリスクも高くなります。

また神経を取ると、歯根の先に炎症が起こったり膿が溜まったりしやすくなって、周囲の歯の寿命を大きく縮めてしまうことになります。

この2つのポイントから判断して、骨が噛む力をしっかりと支えることができ、周囲の歯にダメージを与えることのないインプラント治療は歯を失った場合の治療法として、現在最も効果的な治療法であることは間違いありません。

※表は左右スクロールできます

入れ歯 ブリッジ インプラント
治療回数・期間 約1ヶ月
最短2回で完成
約1ヶ月
最短2回で完成
下顎:約6ヶ月
上顎:約9ヶ月
コスト 保険適応可
片顎:
約¥300,000
保険適応可
1本:120,000
保険適応不可
1本:400,000
噛む力 弱い
天然歯の約30%
普通
天然歯の約60%
強い
天然歯の約90%
耐用年数 X

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 短期間で製作できる

デメリット

  • 慣れるまで違和感が大きい
  • 留め金をかけている歯にダメージが大きい
  • 食事のたびに取り外して洗う必要がある
  • 周囲の歯に留め金をかけるため見た目が悪い

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 取り外しの必要がなく、違和感が少ない

デメリット

  • 周囲の歯をかなり削る必要がある
  • ブリッジの土台となる歯に負担が大きい
  • 使用する材料によっては見た目が悪い

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 天然歯と同じ様にしっかり噛める
  • 周囲の歯へダメージを与えない
  • 違和感がほとんどない

デメリット

  • 外科処置が必要
  • 費用がかかる
  • 治療期間が長い

インプラントの構造

スマイルプラン歯科クリニック西宮のインプラント

インプラントは基本的に3つのパーツで構成されています。

骨の中に埋め込まれる人工歯根である「フィクスチャー」と一番上に取り付ける人工歯の「クラウン」とフィクスチャーとクラウンを繋ぐための「アバットメント」の3つです。

フィクスチャーは身体ととてもなじみの良いチタン合金でできていて、アレルギー反応を起こすことはまずありません。歯科以外では、体の中に埋め込まれるペースメーカーや人工関節などにも同じチタンが使われています。

このフィクスチャーが顎の骨としっかりと結合することでインプラントはその力を発揮します。

インプラント治療相談も受付

デジタル機器を活用した精密インプラント

インプラントが不安な患者様や、他の医院で通院中でインプラント診断をされた患者様のご相談も受付中

私たちは歯科医療のプロフェッショナルとして、患者様に正確な情報と、確かな技術を提供する事を心がけています。全ての患者様に治療計画書をお渡しして、丁寧にわかりやすく治療の説明を行い、十分にご納得いただいた上で治療に入っていきます。

専用のカウンセリングルームで、様々な治療方法の違いやメリット、デメリットまでしっかりお話しさせて頂きます。なんでもお気軽にご相談ください。

Web予約はこちら

お口の中のお悩みを
私たちがトータルサポート

スマイルプラン歯科クリニック西宮では虫歯治療から高度インプラント、治療後の予防まで総合治療を全ての患者様に高品質な治療を提供致します。

  • 虫歯治療

  • 予防歯科

  • 歯周病

  • 矯正歯科

  • 親知らず

  • 審美歯科

  • インプラント

  • 小児歯科

  • 入れ歯

  • 根管治療

  • ホワイトニング

  • 電話をかける
  • WEB予約